2009年04月13日

針葉樹の構造用製材の取扱について【平成4年建設省住指発第16号】

  平成4年1月31日 建設省住指発16号
建設省住宅局建築指導課長から都道府県建築主務部長あて通知

標記については、平成3年1月31日付けで、針葉樹の構造用製材の日本農林規格(平成3年農林水産省告示第143号。以下「針葉樹の構造用製材規格」という。)が公布され、同年7月31日付けで施行されているが、同企画に適合する針葉樹の構造用製材の許容応力度については、別紙の表の数値を建築基準法施行令第89条第1項の強度試険の結果に基づき定められた数値として取り扱って差し支えない。
なお、貴管下特定行政庁に対してもこの旨周知方お願いする。
posted by 忘れん坊 at 16:06 | Comment(0) |  -木構造関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和56年建設省告示第1100号第1第9号及び第2第7号の規定に基づく認定の取扱いについて【平成2年建設省住指発第765号】

 
平成2年12月11日
建設省住宅局建築指導課長から特定行政庁建築主務部長あて
標記については、昭和59年3月28日付け建設省住指発第117号をもって貴職あて通知したところであるが、今般昭和56年建設省告示第1100号が、平成2年建設省告示第1897号により改正されたことに伴い、木造軸組耐力壁認定取扱要領を別添のとおり定め、今後の認定については、当該取扱要領に基づき行うこととしたので通知する。
なお、既に認定した軸組については、従前どおり有効であるので、念のため申し添える。
また、本通知に伴い、昭和59年3月28日付け建設省住指発第117号は廃止する。
〈別添〉
 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 16:02 | Comment(0) |  -木構造関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木造の耐力上有効な軸組及び当該軸組に係る倍率の数値の取扱いについて【平成2年建設省住指発第764号】

 
平成2年12月11日
建設省住宅局建築指導課長から特定行政庁建築主務部長あて
標記については、昭和56年6月15日付け建設省住指発第159号をもって貴職あて通知したところであるが、今般、昭和56年6月1日建設省告示第1100号(以下「告示」という。)の一部が、別添のとおり平成2年11月26日付け建設省告示大1897号(以下「改正告示」という。)により改正された。改正告示は、平成2年12月10日から施行されているが、その運用に当たっては、左記の事項を参考とし、遺憾のないよう取り扱われたい。

      記  
  
 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 15:58 | Comment(0) |  -木構造関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「木造の設計」について【昭和58年住指発第349号】

 
昭和58年11月2日
建設省住宅局建築指導課長から特定行政庁建築主務部長宛
今般、(財)日本住宅・木材技術センターが企画編集した標記の図書が発行されたが、本書は木造建築物の構造設計に関する基本的な事項について平易に解説したものとして有用なものであると考えられるので、今後の指導上の参考とされたい。
posted by 忘れん坊 at 15:50 | Comment(0) |  -木構造関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木造の耐力上有効な軸組及び当該軸組に係る倍率の数値の取扱いについて【昭和56年住指発第159号】

 
昭和56年6月15日
建設省住宅局建築指導課長から各特定行政庁建築主務部長宛
標記については、建築基準法施行令第46条第3項(8)項の規定に基づき、昭和56年6月1日付建設省告示第1100号として別添(省略)写しのとおり公布されたので通知する。
同告示の運用にあたつては、下記事項を参考とし、遺憾のないよう取り扱われたい。

       記

1 本告示は、木造の耐力上有効な軸組として、合板その他の面材を使用したもの及びこれらと建築基準法施行令第46条に規定する筋かい等を併用したものを認めたものである。
2 面材の使用にあたつては、下記の事項に留意すること。
(1) 面材の使用形態としては、柱、間柱、土台、はり等の軸組に対して、面材を直接くぎ打ちしたもの(告示第1第1号の壁)及びこれらの軸組に取り付けた同縁に対して面材をくぎ打ちしたもの(告示第1第2号の壁)の2種類があるが、いずれの場合にも面材は軸組の全体にわたつて設け、これを貼らない部分を残してはならない。
(2) 告示第1第1号の壁を設ける場合で、面材を継ぐ場合にあつては、間柱等軸材の位置でこれらにくぎ打ちして継ぐか、当該継手を補強する胴つなぎ等を設け、この位置で継ぐものとする。
(3) 告示第1第3号から第6号までにいう壁の併用とは、柱等の軸材の両面に壁を設けたものその他をさすものであり、片面に壁材料を重ねて貼りつけるものを認めるものではない。
3 上記のほか、特殊な軸組については、告示第1第7号及び同第2第5号の規定に基づき、個別認定の途を開いており、工法の普及等を勘案して、漸次認定を行う予定である。
この細目については、別途通知する。
別添〔省略〕
posted by 忘れん坊 at 15:41 | Comment(0) |  -木構造関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bibouroku-sinsai01.jpg