2009年04月01日

台風による木造の建築物の災害防止について[昭和26年発住第60号]

  昭和26年11月15日
建設事務次官から各都道府県知事宛

 去る10月のルース台風により多数の木造の建築物が被害をうけたので、その災害復旧については、目下それぞれ措置を講じているが、台風は毎年襲来しその都度同じような災害を繰返していることは誠に寒心に堪えないものがある。
 これが対策として建築物自体においても被害を未然に防止し、或は損害を僅少に止めることを図ることが最も必要なことと考えられる。

 今回のルース台風による建築物の被害状況を見ると、建築されてから年数年を経た腐朽度の大きいもののみに限らず、終戦後に建築された比較的新しいものが多数あり、それ等のうちには設計が建築基準法令の規定に適合し、且つ、設計の通り施工されていたならば、被害をうけなかつたと推定されるものが相当多いように見受けられた。
 従つて、今後建築基準法の施行にあたつては建築計画の防災的指導と共に特に現場における中間検査を励行し、法令の規定の厳守に努められたい。
 又、台風来襲の頻度が大で、しかも建築物が強い風圧力をうける地方においては、現行法令による構造規定では耐力上不充分と認められる場合もあるので、その際は法第40条の規定に基き条例による制限を附加する等、別紙の風災防止指導要領に基き、木造の建築物の災害防止に関する指導監督をせられるよう御願いする。

 なお、学校、病院、公庁舎等の既存の公共用或は多数の人の使用に供する木造の建築物について随時検査を行い、耐風のみならず耐震的にも構造上又は腐朽等に基く耐力上の欠陥を有し、緊急に補修を必要とすると認めたものについてはこの際、至急に補修、改造を実施せしめられるように努められたい。 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 21:47 | Comment(0) |  -防災関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bibouroku-sinsai01.jpg