2009年04月13日

建築基準法第23条に規定する土塗壁と同等以上の延焼防止の効力を有する構造の基準について【昭和46年住指発第487号】

 
昭和46年8月12日
最近改正 平成6年10月21日 建設省住指発第432号
建築主務部長宛
  
建築基準法第23条に規定する土塗壁と同等以上の延焼防止の効力を有する構造の判定基準(試験方法)を別添のとおり定めたので通知する。
今後の運用については、建設省建築研究所(建築試験室)その他の耐火構造指定試験機関における試験成績書をもとに、当職において逐次判定し、貴職あて通知することとするので申し添える。
なお、当該基準に該当するものとしては、現在のところ、下記のものがあるので、参考とされたい。


       
 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 15:35 | Comment(0) |  -防火関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

土塗壁の防火性能について[昭和26年住指発第108号]

昭和26年8月30日
建設省住宅局建築指導課長から香川県土木部長あて回答

照会 法第23条中「延焼のおそれある部分を土塗壁とし」とあるが、この土塗壁は裏返塗をしないでもよいか。又この土塗壁の外側に下見板張りとした場合、延焼防止について同等以上の効力を有する構造として取扱つてよいか。

回答 法第23条に掲げられている土塗壁とは裏返塗りをしないものに下見板を張ったものも含まれる。なお裏返塗りとすることが望ましいので、壁土の特に不足する地方を除いては県条例で補足することを考慮されたい。
posted by 忘れん坊 at 21:43 | Comment(0) |  -防火関係[通達/通知] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bibouroku-sinsai01.jpg