2018年01月13日

経済産業省 「電子商取引及び情報材取引等に関する準則」

■「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました
 http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160603001/20160603001.html
■「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」(本文)(PDF形式:2,573KB)PDFファイル
 http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160603001/20160603001-2.pdf

目次
T 電子商取引に関する論点 ................................................................ i.1
T-1 オンライン契約の申込みと承諾 ....................................................................... i.2
T-1-1 契約の成立時期(電子承諾通知の到達) ................................................... i.2
T-1-2 消費者の操作ミスによる錯誤 .................................................................... i.6
T-1-3 インターネット通販における分かりやすい申込画面の設定義務 ................... i.11
T-1-4 ワンクリック請求と契約の履行義務 .......................................................... i.16
T-2 オンライン契約の内容 .................................................................................. i.22
T-2-1 ウェブサイトの利用規約の契約への組入れと有効性 .................................. i.22
T-2-2 価格誤表示と表意者の法的責任 ............................................................ i.33
T-3 なりすまし .................................................................................................. i.39
T-3-1 なりすましによる意思表示のなりすまされた本人への効果帰属.................... i.39
T-3-2 なりすましによるインターネット・バンキングの利用 ..................................... i.44
T-3-3 なりすましを生じた場合の認証機関の責任 ............................................... i.47
T-4 未成年者による意思表示 ............................................................................. i.50
T-5 インターネット通販における返品 ................................................................... i.61
T-6 インターネットショッピングモール運営者の責任 ............................................... i.65
T-7 ユーザー間取引(インターネット・オークション、フリマサービス等) ...................... i.69
T-7-1 サービス運営事業者の利用者に対する責任 ............................................ i.69
T-7-2 取引当事者間の法的関係 ..................................................................... i.73
T-7-3 インターネット・オークションにおける売買契約の成立時期 ......................... i.78
T-7-4 「ノークレーム・ノーリターン」特約の効力 .................................................. i.81
T-7-5 売主に対する業規制 ............................................................................ i.83
T-8 インターネット上で行われる懸賞企画の取扱い ................................................ i.88
T-9 共同購入クーポンをめぐる法律問題について ................................................. i.91
U インターネット上の情報の掲示・利用等に関する論点 ........................... ii.1
U-1 ソーシャルメディア事業者の違法情報媒介責任 ............................................... ii.1
U-2 他人のホームページにリンクを張る場合の法律上の問題点................................ ii.8
U-3 P2Pファイル共有ソフトウェアの提供 ............................................................. ii.16
U-4 ウェブ上の広告.......................................................................................... ii.21
U-4-1 景品表示法による規制 ......................................................................... ii.21
U-4-2 特定商取引法による規制 ..................................................................... ii.28
U-5 ドメイン名の不正取得等 .............................................................................. ii.32
U-6 インターネット上への商品情報の掲示と商標権侵害 ........................................ ii.38
U-7 ID・パスワード等のインターネット上での提供 ................................................. ii.41
U-8 インターネットと肖像権・パブリシティ権等....................................................... ii.52
U-9 インターネットと著作権 ................................................................................ ii.60
U-9-1 インターネット上の著作物の利用 ........................................................... ii.60
U-9-2 サムネイル画像と著作権 ...................................................................... ii.66
U-9-3 著作物の写り込み ............................................................................... ii.73
U-9-4 eラーニングにおける他人の著作物の利用 .............................................. ii.79
V 情報財の取引等に関する論点 ....................................................... iii.1
V-1 ライセンス契約の成立とユーザーの返品等の可否 ........................................... iii.2
V-1-1 情報財が媒体を介して提供される場合 .................................................... iii.2
V-1-2 情報財がオンラインで提供される場合 .................................................... iii.11
V-1-3 重要事項不提供の効果 ....................................................................... iii.15
V-2 当事者による契約締結行為が存在しないライセンス契約の成立 ...................... iii.19
V-3 ライセンス契約中の不当条項 ...................................................................... iii.24
V-4 ライセンス契約の終了 ................................................................................ iii.28
V-4-1 契約終了時におけるユーザーが負う義務の内容 ..................................... iii.28
V-4-2 契約終了の担保措置の効力 ................................................................. iii.31
V-5 ベンダーが負うプログラムの担保責任 .......................................................... iii.34
V-6 SaaS・ASPのためのSLA(Service Level Agreement) ................................... iii.42
V-7 ソフトウェアの使用許諾が及ぶ人的範囲 ....................................................... iii.46
V-8 ユーザーの知的財産権譲受人への対抗 ...................................................... iii.55
V-9 ソフトウェア特許権の行使と権利濫用 ........................................................... iii.60
V-10 使用機能、使用期間等が制限されたソフトウェア(体験版ソフトウェア、 期間制限ソフトウェア等)の制限の解除方法を提供した場合の責任 ............. iii.68
V-11 データ集合の利用行為に関する法的取扱い ............................................... iii.78
V-12 デジタルコンテンツ .................................................................................. iii.83
V-12-1 デジタルコンテンツのインターネットでの提供等における 法律問題について ......................................................................... iii.84
V-12-2 デジタルコンテンツ利用契約終了後のデジタルコンテンツの利用 ............. iii.87
V-12-3 電子出版物の再配信を行う義務 .......................................................... iii.93
V-12-4 オンラインゲームにおけるゲーム内アイテムに関する権利関係 ................ iii.97
V-13 データ消失時の顧客に対する法的責任 .................................................... iii.101
W 国境を越えた取引等に関する論点 (国際裁判管轄及び適用される法規に関して) ................................. iv.1
W-1 日本の事業者と国外事業者の間の取引 ......................................................... iv.1
W-2 消費者と事業者の間の国境を越えた取引(特に消費者保護法規の適用) ......... iv.12
W-2-1 日本の消費者が国外事業者と取引する場合 ..........................................iv.12
W-2-2 日本の事業者が国外消費者と取引する場合 ..........................................iv.18
W-3 日本の事業者の国外消費者に対する生産物責任 ......................................... iv.21
W-4 インターネット上の国境を越えた名誉・信用の毀損 ......................................... iv.25
W-4-1 日本の事業者が運営するソーシャルメディア上において 名誉・信用毀損等が争われる場合 ........................................................iv.25
W-4-2 国外事業者が管理するソーシャルメディア上において 名誉・信用毀損等が争われる場合 ........................................................iv.27
W-5 国境を越えた商標権行使 ........................................................................... iv.30
W-6 外国判決・外国仲裁判断の承認・執行 ......................................................... iv.36


posted by 忘れん坊 at 20:23 | Comment(0) |  ・・ホームページ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
bibouroku-sinsai01.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。