2014年09月26日

地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を定める件【昭和62年11月10日建設省告示第1897号】

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第42条第1項の規定に基づき、地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を次のように定める。
昭和62年11月10日 建設省告示第1897号
地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を定める件
 地盤が軟弱な区域は、次の各号の一に該当する区域であるものとする。
一 地耐力度が小さく不同沈下のおそれがある区域
二 地震時に液状化するおそれがある砂質土地盤区域
三 地盤が昭和55年建設省告示第1793号第2の表中Tcに関する表に掲げる第3種地盤に該当する区域
附 則(昭和62年11月10日 建設省告示第1897号)
この告示は、昭和62年11月16日から施行する。


【 -構造関係・地盤基礎[告示]の最新記事】

posted by 忘れん坊 at 19:20 | Comment(0) |  -構造関係・地盤基礎[告示] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
bibouroku-sinsai01.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。