2012年04月19日

用途変更の場合の違反の処分[昭和28年住指発第14号]

 
昭和28年2月7日
建設省住宅局建築指導課長から岐阜県土木部長宛

(照会)
用途変更に対する法第9条、第10条及び第12条の適用については、法第87条に明記されていないが、法第87条は用途変更行為に対する規定であつて変更後の建築物が同条第2項に掲げる各項に違反する場合には、当然、第9条、第10条及び第12条の適用あるものと解してよろしいかお伺いする。なお、これは、法第88条中に「第6条から第13条……」と準用規定が明記されているのに拘らず、法第87条中には、これが明記されていないために疑義が生じたものである。
  
(回答)
貴見解のとおりである。なお、法第88条中に、法第9条、第10条及び第12条の規定の準用が明記されているのは、これらの規定が建築物に関する規定であり、法第88条が工作物についての準用規定であるからである。
posted by 忘れん坊 at 22:17 | Comment(0) | 用途変更 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
bibouroku-sinsai01.jpg