2009年04月13日

木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積を定める件【平成12年5月23日建設省告示第1351号】

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第46条第4項の規定に基づき、木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積を次のように定める。
  平成12年5月23日 建設省告示第1351号
木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積を定める件

 建築基準法施行令(以下「令」という。)第46条第4項に規定する木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積は、次の式によって計算した値とする。ただし、当該物置等の水平投影面積がその存する階の床面積の8分の1以下である場合は、零とすることができる。

a=(h/2.1)A

この式において、a、h及びAは、それぞれ次の数値を表すものとする。
a 階の床面積に加える面積(単位 平方メートル)
h 当該物置等の内法高さの平均の値(ただし、同1階に物置等を複数個設ける場合にあっては、それぞれのhのうち最大の値をとるものとする。)(単位 メートル)
A 当該物置等の水平投影面積(単位 平方メートル)


附 則(平成12年5月23日 建設省告示第1351号)

この告示は、平成12年6月1日から施行する。
posted by 忘れん坊 at 10:40 | Comment(1) |  -木構造関係[告示] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スーパーコピー時計専門誌「クロノス日本版」オフィシャルSNSサイト -- 夏に身に ... でいるのに初代モデルのデザインがそのまま投影されており、大人でも楽しめる。 .... 機能が生んだデザインという点で、視認性と堅牢性に優れたダイバーズは“夏の男時計”。スーパーコピー
Posted by スーパーコピー at 2013年11月14日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
bibouroku-sinsai01.jpg