2014年09月27日

建築確認手続きの円滑化等に向けた取組の方針について【平成23年3月25日国住指第4930号・国住街第183号】

 国住指第4930号
国住街第 183号
平成23年3月25日
 各都道府県
 建築行政主務部長 殿
国土交通省住宅局建築指導課長
          建築確認手続きの円滑化等に向けた取組の方針について

 貴職におかれましては、建築基準法の円滑な施行に向けた取組にご尽力いただいておりますことを感謝申し上げます。
 建築物等の安全性等を確保しつつ、構造関係規定の合理化等により建築活動の円滑化を図る観点から、建築基準法施行令(昭和25年11月16日政令第338号。以下「令」という。)の一部を改正する政令を平成23年3月25日に閣議決定するとともに、申請図書の簡素化に向けた建築基準法施行規則(昭和25年11月16日建設省令第40号。以下「規則」という。)の一部を改正する省令及び関連告示を制定し、平成23年5月1日から施行する方針です。
 つきましては、これらの建築確認手続きの円滑化等に向けた取組の方針について、下記のとおり通知しますので、これを踏まえ、適切な業務の推進に努められますようお願いいたします。
 貴職におかれましては、貴都道府県内の特定行政庁並びに貴都道府県知事指定の指定確認検査機関及び指定構造計算適合性判定機関に対しても、この旨周知方お願いいたします。
 なお、国土交通大臣及び地方整備局長指定の指定確認検査機関に対しても、この旨通知していることを申し添えます。
 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 00:01 | Comment(0) | 建築確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

屋根ふき材、外装材及び屋外に面する帳壁の構造方法を定める件【昭和46年1月29日建設省告示第109号】

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第39条第2項の規定に基づき、屋根ふき材、外装材及び屋外に面する帳壁の構造方法を次のように定める。
 昭和46年1月29日 建設省告示第109号
改正 昭和46年6月29日 建設省告示第1106号
改正 昭和48年1月22日 建設省告示第145号
改正 昭和53年10月20日 建設省告示第1622号
改正 平成3年1月21日 建設省告示第86号
改正 平成12年5月23日 建設省告示第1348号
屋根ふき材、外装材及び屋外に面する帳壁の構造方法を定める件
第1 屋根ふき材は、次に定めるところによらなければならない。
一 屋根ふき材は、荷重又は外力により、脱落又は浮き上がりを起さないように、たるき、梁、けた、野地板その他これらに類する構造部材に取り付けるものとすること。
 ■続きを読む
posted by 忘れん坊 at 23:38 | Comment(0) |  -木構造関係[告示] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を定める件【昭和62年11月10日建設省告示第1897号】

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第42条第1項の規定に基づき、地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を次のように定める。
昭和62年11月10日 建設省告示第1897号
地盤が軟弱な区域として特定行政庁が区域を指定する基準を定める件
 地盤が軟弱な区域は、次の各号の一に該当する区域であるものとする。
一 地耐力度が小さく不同沈下のおそれがある区域
二 地震時に液状化するおそれがある砂質土地盤区域
三 地盤が昭和55年建設省告示第1793号第2の表中Tcに関する表に掲げる第3種地盤に該当する区域
附 則(昭和62年11月10日 建設省告示第1897号)
この告示は、昭和62年11月16日から施行する。
posted by 忘れん坊 at 19:20 | Comment(0) |  -構造関係・地盤基礎[告示] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居室の床の高さ及び防湿方法[施行令-第22条)

(居室の床の高さ及び防湿方法)
  最下階の居室の床が木造である場合における床の高さ及び防湿方法は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、床下をコンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う場合及び当該最下階の居室の床の構造が、地面から発生する水蒸気によつて腐食しないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものである場合においては、この限りでない。

一  床の高さは、直下の地面からその床の上面まで45センチメートル以上とすること。

二  外壁の床下部分には、壁の長さ5メートル以下ごとに、面積300平方センチメートル以上の換気孔を設け、これにねずみの侵入を防ぐための設備をすること。

posted by 忘れん坊 at 19:07 | Comment(0) |  -木造耐久性[施行令] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構造部材の耐久[施行令-第37条)

(構造部材の耐久)
構造耐力上主要な部分で特に腐食、腐朽又は摩損のおそれのあるものには、腐食、腐朽若しくは摩損しにくい材料又は有効なさび止め、防腐若しくは摩損防止のための措置をした材料を使用しなければならない。
posted by 忘れん坊 at 17:11 | Comment(0) |  -木造耐久性[施行令] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外壁内部等の防腐措置等[施行令-第49条)

(外壁内部等の防腐措置等)
  木造の外壁のうち、鉄網モルタル塗その他軸組が腐りやすい構造である部分の下地には、防水紙その他これに類するものを使用しなければならない。

2 構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。
posted by 忘れん坊 at 13:13 | Comment(0) |  -木造耐久性[施行令] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

2026 We build tomorrow (サグラダ・ファミリア完成予想CG)

posted by 忘れん坊 at 14:52 | Comment(0) | 建築・建築家の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bibouroku-sinsai01.jpg